【国際】オーストラリア、二重国籍でまた議員辞職 生地の外国籍放棄怠る [07/18](c)2ch.net

【国際】オーストラリア、二重国籍でまた議員辞職 生地の外国籍放棄怠る [07/18](c)2ch.net

http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1500366880/

豪、二重国籍でまた議員辞職=外国籍放棄怠る

時事通信:2017/07/18-15:19

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071800716&g=int

http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0170718at35_t.jpg

オーストラリアの野党・緑の党の副党首、ラリッサ・ウオーターズ上院議員=5月9日、キャンベラ

 【シドニー時事】オーストラリアの野党・緑の党の副党首、ラリッサ・ウオーターズ上院議員(40)は18日、二重国籍だったことが判明したとして、議員辞職した。

 緑の党では、もう一人の副党首、スコット・ラドラム上院議員(47)が先週、ニュージーランドとの二重国籍を理由に議員辞職したばかり。

ウオーターズ氏も改めて調べ、生地カナダの国籍を放棄する手続きを怠り、二重国籍であることが分かったという。

 移民国家の豪州は二重国籍に寛容で、国民の6人に1人に当たる推定400万人が二重国籍者。

しかし、議員の二重国籍憲法で禁じられている。

ウオーターズ氏は記者会見で「議員にも海外生まれは多い。辞職者がこれ以上出なければいいが」と語った。

緑の党は対策として、候補者の国籍保有状況を事前に確認する仕組みを導入する考えだ。

 ウオーターズ氏は5月、議会の規定改正を受けて議場で次女に授乳を行い、「豪史上初」と話題を集めた。