判定日

判定日までに、一度受診があったと思います。

そして注射、膣座薬、内服、貼り薬など

移植周期が始まってからは、本当に薬漬けで、

本格的に始まったなと感じていました

判定は陽性

出てますね。値はちょっと低いけど、ついてるねと言われました。

その時の先生の顔、言葉、ちゃんと覚えてます

治療の細したことはどんどん忘れてますが、

この時のことはちゃんと覚えてます

なんか実感がなくて、

涙が出るとか、やったーとなるとかはなくて、

あっ、そうですかと言ったのも覚えてます。

友達に報告しておめでとうと言われて、

ジワジワ実感がわいてきました

この時私は不妊治療のことを、

誰にも親にも話してませんでした。

この友達は、前の病院で偶然出くわして、

それをきっかけに話を聞いてもらうようになりました。

友達といっても昔からのではなく、

結婚してパートに出てた時に知り合った友達です。

その人は不妊治療の先輩です。

家に帰って、

気持ちが高ぶるのを抑えきれなくて、

妹に電話で報告したような気がします

ただ先生にも

心拍が確認できたら一安心だけど、まだここからダメになっちゃう人もいるからねと言われてたので、手放しで喜んでたわけではありません。

太郎くんは帰りにアイスを買って帰ってきました

おめでとうのケーキの代わりです

私が身体冷やしたらアカンねんでと言うと

じゃあゆみこちゃんは食べたらアカンよと言ってました

ふたりともやったね、やったねと口に出しては言いませんでしたが、

太郎くんも喜んでくれてるのがわかって、

とても幸せな気持ちでした

広告を非表示にする